1. ホーム
    2. ISO認証取得支援

ISO認証取得支援

ISOとは?

ISO(International Organization for Standardization):国際標準化機構の略称です。

ISO は国際的な共通資格として、定められた要求事項についてシステムを構築して外部の審査登録機関による認証を取得することによって次のようなメリットを得ることができます。

ISOは、9001(品質マネジメントシステム)・14001(環境マネジメントシステム)その他目的により多くの規格があります。

ISOを導入することにより・・・

取引先(国内及び海外)に対しては

既にISOを取得している企業は新規取引の条件として相手先企業にもISO取得を条件としている場合があります。

新たな取引先の開拓及び現在の取引先への自社をアピールするひとつのツール(武器)にするとともにISOの認証取得によって同業他社との差別化(取引の安心、信頼度の向上)を図ることができます。

消費者(ユーザー)

ISO取得が企業知名度のアップに有利に働き、消費者取引先に対しては対外的な信用度と安心感を与えることが可能となります。

公共事業その他官庁関係に対しては

建設業入札工事や産業廃棄物処分業その他の手続上において、官庁が一定の評価を与えることが多くなっています。

企業経営とリスク管理

企業経営上の様々なトラブルの発生に際し、ISOのマネジメントシステムは原因究明に有効であるとともに、ISOの積極的な活用により企業経営面でのリスクマネジメント(予防・対処など)についても有利に働きます。

ISO認証取得によるメリット

例):ISO(9001)品質マネジメントシステム導入により

作業手順等の文書化(ビジュアル化)によって製品、サービスにおける品質のバラツキが少なくなり、結果として顧客(取引先、消費者など)満足度が向上します。

業務責任と権限が明確になり、これにより役割分担がはっきりします。

従業員全員(正社員、パート等含む)の参画意識が高まることにより事務所、工場を含めて職場全体の整理整頓とともに、職場の雰囲気を改善し、規律高め、結果として会社全体が活性化することになります。

会社が活性化することにより、事務所や工場及び店舗などの企業施設に来訪した顧客、取引先の印象が良くなり、事業活動(売上げ)向上の支援となります。

企業の部門間の相互の協力関係が密になり、円滑な業務遂行が可能となります。

作業の標準化により、これまで行ってきた作業の改善度合いが見えてきます。

業務や作業の標準化によって分業、統合などの構造改革を実施しやすい基盤ができ、新人、中途採用など人材教育が確実になります。

協力会社との関係が良くなり、関連業務(連絡・通知・納期確保・品質)の対策や改善が図れる。

社長などの経営トップから役員、部課長、一般職員、パート・アルバイト従業員に至るまで一体感ができ、コミュニケーションが良くなります。

これらのメリットは、外部の機関による定期的な審査によりISO取得企業としての同業他社と比較して「優良企業」としての評価を得ることができ、製品やサービスの品質向上とともに企業の更なる発展の一助となることができます。

古谷行政書士事務所にお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

行政書士には職務上知りえた他人の秘密・情報を他に漏らしてはならないという「守秘義務」が課せられております。

その前に1人の人間として秘密を漏らすことはありませんのでご安心ください。

会話の中で良くわからない点などございましたら遠慮なくおっしゃって下さい。数日中にお返事をさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

WEB相談はこちら