1. ホーム
    2. 公的融資手続

公的融資手続

公的融資とは?

公的融資とは、国や自治体などで行なわれている融資のことを指します。

個人向けの公的融資には、住宅ローンを目的とした住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資、財形住宅融資、自治体住宅融資などがあります。

また、法人向けの公的融資には、国民生活金融公庫の融資、中小企業金融公庫の融資、商工組合中央金庫の融資などがあります。

法人向けの公的融資の特徴としては、金利が低く、銀行の融資条件に満たない個人や法人であっても、融資を受けてくれるなど、良いことずくめと言える内容でしょう。

そもそも、公的融資が注目されるきっかけは、銀行による貸し渋りが社会問題となり、地方自治体や政府が、中小企業保護のために融資を推し進めたことが始まりです。

個人向けの住宅ローンはともかく、以前の法人向け融資は、銀行の独壇場とも言える状況でしたが、バブル崩壊により一変しました。

公的融資手続きの流れ

当事務所での融資手続きは融資を保証するものではありません。

融資が受けやすくするための書類の作成や準備などを支援しております。

古谷行政書士事務所にお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

行政書士には職務上知りえた他人の秘密・情報を他に漏らしてはならないという「守秘義務」が課せられております。

その前に1人の人間として秘密を漏らすことはありませんのでご安心ください。

会話の中で良くわからない点などございましたら遠慮なくおっしゃって下さい。数日中にお返事をさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

WEB相談はこちら