1. ホーム
    2. 自動車登録等手続

自動車登録等手続

自動車登録とは?

自動車を使用する場合は、必要な登録手続きを行い、お車にナンバープレートを付ける必要があります。

なお、登録手続をする際にはご自分の住所を管轄する運輸支局・検査登録事務所で行う必要があります。

名義変更

名義変更とは、車の所有者が変わる時に行なう手続きで、正しくは「移転登録」と言います。

旧所有者と新所有者がお互いに必要な書類を揃え、新所有者の管轄の陸運局で手続きします。

車検証の所有者の氏名や住所等を変更するため、移転登録と同時に車検証の申請が必要になります。

これらの手続きは旧所有者と新所有者の双方が陸運局へ出向くこととされていますが、委任状を取って代理人が手続きを行うのが一般的です。

移転登録(名義変更)手続きは、道路運送車両法第13条により15日以内の名義変更が法律で義務付けられています。

この移転登録を行わないと、中古車の旧所有者に自動車税の納付通知書が送付されたり、事故を起こしたときに保険の手続きが面倒になるなどトラブルの元となるので、出来るだけ早く行ないましょう。

旧所有者が用意する必要書類
自動車検査証(車検証) 車検有効期間のあるもの
自動車損害賠償責任保険(共済)
証明書
 
譲渡証明書 旧所有者の実印を押印
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
委任状 代理人に手続きを依頼するとき(旧所有者の実印を押印)
新所有者が用意する必要書類
自動車保管場所証明書(車庫証明) 1ヶ月以内に発行されたもの
自動車税・自動車取得税申告書  
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
申請書(OCRシート)  
手数料納付書  
使用者の住居を証明するもの 印鑑証明書・住民票・登記簿謄本など
委任状 代理人に手続きを依頼するとき(新所有者の実印を押印)

住所変更(変更登録)

車検証(自動車検査証)の所有者の氏名、住所等に変更が生じた場合は変更登録が必要です。

変更登録は変更があってから15日以内に行わなければなりません。

住所変更の手続きに必要な書類
変更の事実を証するもの 3ヵ月以内に発行された住民票、戸籍・登記簿謄(抄)本など
自動車保管場所証明書(車庫証明) 使用本拠の位置(使用者の住所)を変更した場合、発行後1ケ月以内で使用者が申請したもの
自動車検査証(車検証) 車検有効期間のあるもの
手数料納付書  
自動車税・自動車取得税申告書  
委任状 代理人に手続きを依頼するとき(新所有者の実印を押印)

新規登録

新車・中古車でナンバープレートのついていない車を購入した場合などはそのままでは公道を走ることができません。

このような車を使用する際には運輸支局または検査登録事務所で登録申請をする必要があります。

抹消登録

自動車の使用を一時中止する場合、又は自動車を解体等再度使用しない場合に必要な手続です。

抹消登録の方法として、道路運送車両法第15条に基づいた手続きにより廃車する「永久抹消登録」と、同法第16条に基づいた手続きにより廃車する「一時抹消登録」に分類されます。

永久抹消登録

道路運送車両法第15条に基づく廃車手続きで、俗に「15条抹消」と呼ばれる事もある。

法的には「自動車が滅失、解体等したため再使用する事ない手続き」とされており、車両の解体を前提としたもので、この抹消手続きを行うと自動車の再登録に必要な抹消登録証明書の交付を受けられません。

従ってこの手続きを受けた車は日本国内では二度と走る事ができないという事になるが、運行目的以外での再利用(倉庫など)は可能となります。

永久抹消登録の手続きに必要な書類
移転登録申請書(OCRシート3号の2)  
手数料納付書  
自動車検査証(車検証)  
ナンバープレート 前・後(計2枚)
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
委任状 代理人に手続きを依頼するとき
解体証明書 自動車解体業者に発行してもらいます

一時抹消登録

道路運送車両法第16条に基づく廃車手続きで、俗に「16条抹消」と呼ばれる事もある。

法的には「自動車の使用を一時中止するための手続き」とされており、所有者が長期間自動車を使用できない状態(長期出張・入院など)により、一時的に自動車の使用を停止する場合などにこの手続きを行います。

この抹消手続きを行うと、抹消登録証明書の交付が受けられ、日本国内で再び登録し、運行する事が可能です。(ただし、車が盗難等行方不明になった場合はこの方法での登録が出来ない。永久抹消のみとなる)

なお、この抹消登録を行った車でも日本国外へ輸出する事はできるが、その場合には運輸支局から輸出抹消仮登録証明書の発行を受ける必要があります。

一時抹消登録の手続きに必要な書類
移転登録申請書(OCRシート3号の3)  
手数料納付書  
自動車検査証(車検証)  
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
委任状 代理人に手続きを依頼するとき
理由書 代理人に手続きを依頼するとき

車検証再交付

自動車検査証(車検証)を紛失、盗難又はき損したときに、再交付の申請をする場合の手続きです。

自動車の使用者が、当該自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所で手続きをします。

車検証再交付手続きに必要な書類
自動車検査証再交付申請書
(OCRシート1号)
 
手数料納付書  
自動車検査証(車検証)  
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
委任状 代理人に手続きを依頼するとき
理由書 代理人に手続きを依頼するとき

ナンバープレート再交付

自動車のナンバープレート(自動車登録番号標)を紛失したり盗難に遭い、返納できない場合に、新しいナンバーに変更(番号変更)する手続きです。

再交付手続きに必要な書類
自動車登録番号標交付申請書
(OCRシート3号)
 
手数料納付書  
自動車検査証(車検証)  
印鑑証明書 発行後3ヶ月以内のもの
委任状 代理人に手続きを依頼するとき
理由書 代理人に手続きを依頼するとき

古谷行政書士事務所にお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

行政書士には職務上知りえた他人の秘密・情報を他に漏らしてはならないという「守秘義務」が課せられております。

その前に1人の人間として秘密を漏らすことはありませんのでご安心ください。

会話の中で良くわからない点などございましたら遠慮なくおっしゃって下さい。数日中にお返事をさせて頂きます。お気軽にご相談下さい。

WEB相談はこちら